手数料


会社設立の代行システムを活用する際に気になってくるのがその手数料です。会社設立の代行システムを行えうるのは司法書士、税理士、行政書士が一般的です。この中で、一番手数料が廉価といわれているのが行政書士です。行政書士に代行を依頼すると会社設立に必要な書類の作成を代行してもらえます。それに必要な書類の作成の手数料を支払うことになります。

しかしながら、会社の経営に重要な意味をもってくる税法上の手続きや会社の登記をすることは行政書士には権限がありませんので、ご自身で行うことが必要になります。ですから、忙しい毎日を送っている方の場合には行政書士に代行を依頼するのは現実的とはいえません。また、行政書士事務所の一部では税理士や司法書士と提携を行っている場合もありますので、会社の登記の手続きや税務上の諸手続きも代行を依頼することが可能となります。税理士や司法書士に代行を間接的に依頼する場合が、その分手数料が増加することになります。それほど高額にはなりませんが、時間的なロスを考えるならば、依頼をするのはお勧めです。実際にどのくらいの費用が必要になるのかは、あらかじめ代行を依頼する前に相談するのがお勧めです。

ue reading »',